Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

LearnJapan 海外で日本語教育?子育て日記

海外での生活と子供のいつからでも遅くない!!日本語教育について書いてみたいと思います。

斎藤武夫先生の「第6回日本が好きになる!歴史授業講座シーズン3」

f:id:superokan:20161002212238j:plain

 

こんにちはー

 

念願かなって!!!!斎藤先生の「第6回日本がすきになる!!歴史授業講座シーズン3」に行ってきました!!

 

今回は、第5章、近代日本の国づくり、第6章世界の中の日本、第6章世界の中の日本2.

と3時間に分けて、じっくりと斎藤先生の熱い授業を受けることができました。

今回は、私が普段住んでいる英国との関係、日清戦争、日露戦争、韓国併合、第一次世界大戦、松江豊寿陸軍大佐と「武士の情け」満州事変、シナ事変。。。とまあ、近代史の大フィナーーレ!教室中は暑い熱気で盛り上がっていました。

 

それにしても、、大きな地図で日本とほかの国の場所確認しながら改めてその当時の情勢を見ると、日本が苦労して苦労して、苦労しまくって今の日本になったことがわかります。いつ、どこかの国の植民地になってもおかしくなかったんだなあーーって。

 

今の世界情勢もそうですが、世界情勢のことなら一度地図を広げて見ると日本がどんな状況にいるのかわかりますし、また、また別の言い方で言えば、人生のことなら自分の周りで何が起きているか地図のように書いてみるとどうすべきかがわかるのかもしれませんねえ。とおもいました。

 

さて、上の斎藤先生と映っている写真なのですが、あの新宿の中村屋のカレー有名ですが、どうりで有名だとおもったら、中村屋の娘さんがインド人のラス ビバリ ボースさんと結婚していたのです。ボースさんはインド独立運動の闘士でした。日本に来てインドに上海経由で武器を送るなどの活動をしていた時に、当時日本と「日英同盟」を結んでいた英国政府は日本政府にボースの逮捕を要請したのです。

そんなボースをかくまったのが、新宿中村屋の店主相馬夫妻だったのです。

 

他にもいっぱい学ぶことがありました。

 

でも、なんといっても教室に来ている皆さんが、とっても素敵な人たちで、かわいい子供連れのご家族で来ている方もいて、とても和やかな授業だったのがよかったなーー。

ご家族で斎藤先生の授業を学ぶっていいなあーーと思いました。

 

そして!!

斎藤先生のこの講座をオーガナイズしてくださっている、

「7つの習慣 小学校実践記―ミッションが書けた!自分が変わった!!」

の渡邊尚之先生にもお会いできてよかったですわー。

この本もすごくお勧めです。

渡邊先生が、ベストセラー「7つの習慣」を小学生向けに道徳の時間に実践し、クラスの子供たちの意識がどんどん変わっていくのがわかり、「あああーこんな先生に教わりたかったー」と思う本です。また、子供を持っている親御さんにもおすすめ。わたしは「いいこと貯金」の話が大好きですが、ああーこういう風に言ったら子供たちも理解できるだろうなーーというお話がいっぱい詰まっています。

 

昨日は、斎藤先生,渡邊先生、そして諸先生方、ご出席の皆様、

皆さまにお会いできてうれしかったです。本当にどうもありがとうございました!!

f:id:superokan:20161002224947j:plain

f:id:superokan:20161002225104j:plain