Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

LearnJapan 海外で日本語教育?子育て日記

海外での生活と子供のいつからでも遅くない!!日本語教育について書いてみたいと思います。

アリの行列と育っていく子供たち

こんにちはー

 

ひさしぶりに、教材を作ってみましたよ。

 

小学3年生の「アリの行列」のお話です。

 

f:id:superokan:20170131060123j:plain

 

 

笑わないでくださいよー。

 

小学3年生にとっては、行列って、、なんだよーー?ってところからお話ししないとなんですよ。

 

(とおもったのですが、、)

 

 

知っているよーー

 

 

といわれ黒板に張っただけの役立たずになってしまいました。。。汗

 

 

アリの色や形にも「工夫」を凝らして、いろいろな色を塗ってみたのですが、

 

 

クラスに「昆虫博士」がいて、

 

 

「あのねーーーー。赤いアリは種類が違うんだよ。はたらきありはね、みんな黒か、白っぽいのしかいないんだよ――」

 

 

といわれ、、

 

そこでも、くじけました。。。。。(爆)

 

子供恐るべし!!

 

 

そういえば、、とおおおーーーーーいむかし、私がまだ学生で、社会科の教育実習に行っていた時にも、クラスの中に、

 

「歴史ものしり君」

 

 

がいて、教科書どおりに教えていた実習生の私に、

 

歴史のことだけではなく、黒板に書いた字まで直してもらったこともありましたわ。

(涙)

 

 

 

今から考えれば、あの時の私はたった21歳くらい。。あの時の生徒さんたちは、13歳くらいだったから、8歳しか違わないじゃん!!

 

今日も8歳違いの近所のお友達に会ったばかりだよ。(爆)

 

 

 

 

ところで、、

これ、、

 

f:id:superokan:20170131062407j:plain

 

 

息子のATC(エアカデット)のユニフォーム。

 

毎回、見つけるたびに、「洗うから貸して」といっていたのだけど、いつも「あとででいいよ。」といわれ続け、もう1年以上洗っていなかった。

だけど、、昨日、あまりにも臭いので息子がいないときに、ひっそりと洗濯をした。

 

ああいいにおい。

 

まったく、思春期の息子の部屋はなんだか臭いな。。思春期だからしょうがないのか。。と思っていたのだけど、こうやって、汚いものをためていたかららしい。まったくもってけしからん。

そういうことで、ここ2,3日息子のものばかりを洗濯していた。

 

 

彼の心境の変化にも驚くことがいっぱいだ。

 

つい2年くらい前までは、写真を撮られることが嫌で、カメラを向けても、手で押さえられてりしてとらせてくれなかったのに、最近は張り切ってポーズまで取ってくれる!!!

 

その代わり、真ん中の次男、長女が昔は目立ちたがり屋でポーズをとって、写真をとってくれとうるさかったのに、最近はとても嫌がるようになってきた。。

 

一番下の9歳の娘だけがまだ、私がほっぺたつねって遊んでも、嫌がらないでいてくれるのだけど、「もう、恥ずかしいからやめて」というようになるのもすぐなのだろうなあ。

 

 本当に、つい最近までアリの行列のようにぞろぞろと、4人の子供たち+犬を連れて歩ていたのが信じられない。

 

あの時、母には「今、大変だと思っているかもしれないけど、とてもしあわせなときなのよー」と言われて、「なぬーー??はあはあ、ぜいぜい。。」と思っていたけど、「アリの行列時代」って、本当に一瞬だったと思うな。

 

 

お祖母ちゃんがいつも詠んでいた万葉集の中の和歌

 

銀(しろかね)も金(くがね)も玉も何せむに勝(まさ)れる宝子に及(し)かめやも

By山上憶良

 

 

これにつきますね。。

 

 

それではまたーーこちらもどうぞよろしくおねがいします。↓

 

www.learnjapanonline.com