Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

LearnJapan 海外で日本語教育?子育て日記

海外での生活と子供のいつからでも遅くない!!日本語教育について書いてみたいと思います。

9月開講予定。。。LEARN JAPAN歴史教室の講師を、斎藤武夫先生が引き受けてくださることに!!!!

こんにちは。

先週は月曜日の朝に、インターネットのルーターが壊れているのにきづき、朝から授業があったのでパニックになって「ヘッドレスチキン(HEADLESS CHICKEN)のように家をかけまわっていました。。。。

 

それより、、

今日はお知らせです。。

 

長年温めてきた企画。。

このブログの右のリンクにある「LEARN JAPAN」で、9月から開校予定の歴史教室の講師を、「授業づくりJAPAN」の斎藤武夫先生が引き受けてくださることになりました!!

斎藤先生は、冷戦崩壊後、義務教育の教育内容に強い疑問を抱き、平成7年自由主義史観研究会の創立に参画、20余年間小中学校の教員として、「日本が好きになる教育」を実践研究してきた先生です。御著書に、「学校で学びたい歴史」、御共著に、「学校が教えない歴史」があります。

 

わたしは、昔から歴史の授業は好きで、大学にいたときには、社会科の「教育実習生」として、中学で教えた経験もあります。今考えれば残念なことですが、教職の道には進まず、紆余曲折を経て、英国に来ました。

英国で生活をはじめ、子育てをしながら感じたことは、自分の子供たちが、日本人のルーツをもつのに、日本の歴史を知る機会がないということです。

補習校でも、算数や国語の授業はありますが、社会科のない補習校の方が多いと思います。

人間が生きていくうえで、自分自身への自信、自覚,基盤はとても大事なものだと思います。たいていなことは親が教育するものだとは思いますが、環境から与えられる影響というものも、小さいうちはとても大切なものだと思います。

日本以外の国で育ったとしても、日本人のルーツを持つものとして、日本の文化、歴史を知り、自分という人間の基盤を知るために、または、日本人ではなくても、日本の文化が好きで日本の習慣、風習に興味を抱いてくれている人たちが、日本の歴史を、自分の国との比較しながら学ぶことができたらいいなと思ったのです。

 

コースは週1回の予定で、歴史入門からはじまり、古代日本ー日本文化の形成期ー近代日本の国づくり―世界の中の日本とつづき、計2年間の予定です。

海外にいながら、斎藤先生の授業をうけることができるなんて!!夢のようなお話だと、自分でもほっぺたをつねるくらいです。。(爆)

 

詳細は随時、ブログでアップしていこうとおもっていますので、これからどうぞよろしくおねがいします。

 

お問い合わせは、LEARNJAPANのウェブサイトのコンタクトフォームにてお願いしますね。