Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

LearnJapan 海外で日本語教育?子育て日記

海外での生活と子供のいつからでも遅くない!!日本語教育について書いてみたいと思います。

GCSE Japanese 合格発表日

おひさしぶりですーー。

 

今日は、朝からめっちゃうれしいニュースがあって。テンション高いのだ。

 

そう!!

 

朝。生徒さんのGCSE JAPANESE 試験合格ニュースが飛び込んできて、

ふるふるふるううーと震えるほどうれしかった。

 

彼は日本人とイギリス人のハーフくんで、話すことや読解力は全然問題なかったのだけど、作文が苦手で、他の日本語の先生に、「スピーキングとリスニング、読解がA+でも、作文が点数悪いと総合で落とされる」と聞いていたので、1月からずうっと作文中心に勉強してきたのだった。

最後のレッスンのときに、結構自分で意見を言いながらスラスラと書いていて、スピーキングの試験のときも、全然上がっている様子もなく、しかもいつもよりも上手にいろいろな説明をしていて本番に強いタイプと自分でも言っていたので(爆)「結構いけるかも」と思っていたら見事まるまる合格!!

 

がんばったねえええー

 

GCSEの日本語は日本語を初めて習う外国人のためのもので、補習校いっていたり、日本で少しでも学校に通っていた日本人の子供なら「簡単」といえるかもしれないけど、ハーフといってもこちらで育ち、補習校に行っているわけでなければ、ひらがな、カタカナ漢字から練習することになる。文章の組み立て方もそうだ。

「ハーフの日本人だから、簡単でしょ、受かるでしょ」と思う周りからのプレッシャーもあったかもしれない。。(まあ、彼はなかったかな。。ゴーイングマイウェイな子だから。。わはははは)

 

本当に本当におめでとうう!!きっとこれからの人生でいい自信になるだろうね!!

 

私も彼に見習って、地道にコツコツ頑張ろうって思った日だった。