Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

LearnJapan 海外で日本語教育?子育て日記

海外での生活と子供のいつからでも遅くない!!日本語教育について書いてみたいと思います。

8月6日とオリンピック開催で思うこと。。

今年の8月6日は、原爆記念日とオリンピックの開催日だった。

イギリスに暮らしていて思うのは、テレビを見ない限りは8月6日のことなど、誰も話さないし、気にも留めないので、家では私が子供たちの顔を見るたびに、「今日は原爆が落とされた日だよ」といって歩き回ることになる。(子供の友達が来ていればそのお友達にも。苦笑)まあ、71年前のことといってしまえばそれまでなのかもしれないけど、イギリスでは11月に戦没者への弔いのために赤い造花のポピーを胸につけて戦没者記念碑の前で追悼式が行われるし、5月にはVEデーといってヨーロッパでの(つまりドイツに勝った)お祝い、9月にはVJデーといって、日本に勝った(厳密にはアメリカが日本に勝った。。苦笑)お祝いとかするのに、原爆のことをあまり子供たちに教えていないのもなんだかな??と思う。ユダヤ人がたくさん殺されたことは学校で嫌というほどやっているようだけど。。。

まあ、そういうわけで、こういったときに「あああ、外国に住んでいるのだなあ」と思うのだ。(爆)だって、日本に住んでいたら、いくらテレビを見なくても、会社に行って忙しくても、なんだかんだで、「ああ、今日は原爆が落とされた日だなあ」なんて、たいていの人が口にしなくても思うだろうから。。

 

さて、今度はオリンピックの話。。そんなわけで今年も、8月6日に「あああ外国に住んでいるなーー」と寂しく思ったわけだけど、今年はオリンピックが始まり、またしても「あああー」と寂しくおもうのだ。

なぜなら、、

 

「テレビは、イギリス人中心なので、よほど注意してみていないと、日本人の選手の活躍をみのがすか、まったくみれない」

 

。。。。。あたりまえか。。

 

そう、、あたりまえなのだけど、、こういうときも、さびしい。(爆)

 

昨日は、「マミー―――日本がでるよーー」

 

といわれたので「なになになにーー」といってテレビの前に座ったら、

 

「イギリス対日本」のラグビーの試合だった。。。。。。。。

 

日本チームも頑張っていたけど、あの大きなアマゾネス(ごめんなさい英国チーム)に負けてしまったようだ。「ようだ」というのは試合中、いろいろ日本チームにいちゃもんを付ける息子と主人に腹が立って、私は最後まで見なかったからだ。。

 

今日、その話を娘のお友達のお母さんに話したら「ああ、、わかるわ。ラグビーの試合は必ずそうよ。(彼女はイングランド人)私は、家族の中(ウェールズ人)一人で無口になって応援しているわ。」といっていた。。

やっぱりどこの家族も一緒なのね。。(というか、この場合、彼女の方が大変そうだ。ウェールズ人のイングランドへの対抗心は結構根深いから。)

 


Rio 2016 opening ceremony - the best bits - Olympic Games Rio 2016 - BBC Sport

 

 

4年後の東京オリンピックの時には、絶対に日本で夏をすごすぞ!!